ヤナギサワドットコム

ロイヤルカナンならヤナギサワドットコム

商品カテゴリ

コンテンツ

.

HOME»  猫グッズ(花王、ライオン・・・)»  花王ニャンとも清潔トイレ 専用マット

花王ニャンとも清潔トイレ 専用マット

2%ポイント還元

■ニャンとも清潔トイレ

■ワンだふる清潔トイレ共通の脱臭マットです


 

NEW

  • 花王ニャンとも清潔トイレ 専用マット

  • 販売価格

    698円(税込)

  • ポイント還元2%
  • 在庫

    在庫あり

  • 購入数

カートに入れる(大)
  • 針葉樹の効果でパワフルに脱臭&しっかり抗菌。
    主原料の天然素材の針葉樹には、ニオイや菌の発生を抑える成分*1が含まれています。抗菌効果で菌の繁殖をおさえ、ツンとくるアンモニア臭をカットします。1週間取り替えなしでもニオわない!*2
    厚手のマットが1週間分のオシッコをパワフルに吸収します。*3
    どこからでも吸収する全面吸収体*4だから、端っこにオシッコをしてもモレにくい構造です。オシッコが裏にまわってもしっかりキャッチします。
    *1 フィトンチッド(総称)
    *2 チップ、マットによる不快な尿臭の脱臭効果(愛猫1頭に使用する場合)。ウンチをしたときは早く取り除いてください
    *3 愛猫1頭に使用する場合
    *4 裏面は、表面に比べて吸収に時間がかかることがあります。表面を上にしてお使いください。


    【猫システムトイレ用吸収体】

    6枚入

  • 素材・交換方法・使用上の注意など

    用途 猫システムトイレ用吸収体
    素材 木材、親水化剤、抗菌剤
    大きさ 約30cm×20cm×1cm
    交換方法 ご使用前に必ずお読みください。
    「ニャンとも清潔トイレ」のトイレ本体には、必ず専用のチップ、マット(またはシート)をお使いください。

    <ご注意>

    他の吸収シート等を使うとサイズが合わず、脱臭・吸収効果が充分発揮されないばかりか、尿もれなど、トラブルの原因となる恐れがあります。
    <交換方法(引き出し付きタイプの場合)>
    ●尿がこぼれる場合があるので、新聞紙の上など、汚れてもかまわない場所で行ってください。
    ●マットの上に落ちている、細かいチップも同時に取り出してください。
    ●マットには表裏があります。スリットが入った面を上にしてセットしてください。裏側は吸収に時間がかかることがあります。


    1.引き出しを開け、使用済みマットを取り出してください。

    2.新しいマット2枚を並べて敷き、引き出しを奥までゆっくり閉めてください。

    <POINT>
    *専用スコップの先端を、マットの下に入れて 取り出すと、手で直接触らずに処理できます。

    *ご使用後は、スリットの部分から半分に折ることで、コンパクトにしてごみに出せます。
    使用後の処理方法 ●本品は水に溶けないので水洗トイレに流さないでください。
    ●本品は燃えるごみとして処理できますが、自治体により廃棄物の分類が異なる場合があるので、お住まいの地域のルールに従ってください。
    マット使用期間の目安 愛猫1頭の場合:2枚1組で約1週間 【1袋6枚入:約3週間分】
    愛猫2頭の場合:2枚1組で約3~4日 【1袋6枚入:約10日分】

    愛猫の尿量は、体重や季節、年齢等によって変化します。
    尿量が多い場合は、マットが吸収しきれなくなることがあるので、早めに交換してください。
    使用上の注意 ●本品は食べ物ではありません。お子さまや認知症の方などの誤食にご注意ください。
    ●万一、飲み込んだり、食べてしまった場合は、医師や獣医師にご相談ください。
    ●思わぬトラブルを避けるために、お子さまや認知症の方などの手の届かない場所に保管してください。
    ●用途以外には使わないでください。
    ●開封後は、湿気の少ない風通しの良い場所に保管してください。
    その他 ●「脱臭・抗菌マット」に使用している木材は、環境に配慮して、再・未利用材を有効利用しています。
    ●マットは木材を主原料にしているため、木材の産地や季節等で若干ニオイや色が変わる場合がありますが、品質上問題ありません。
    包装容器の材質 PP
    原産国 Made in Japan
    掲載情報について ※製品に表示されている情報に基づいています。(緑字部分は補足情報です)
    ※最新の花王製品の表示内容を掲載していますが、状況により、更新前に最新の製品が出荷される場合があります。
    ※読上げソフトで聴く場合でも情報が不足しないように、画像部分の文字も本文に加えている場合があります。

こちらもオススメです!